「快」をひもづけて「成功」を手にいれる!

成功する人と、成功しない人の差は、何なんでしょう?
どうやら、たった一つの事の様なんです。
それに、成功する人になる方法は、そんなに難しくないらしい。

なぜなら、人間の特性を活かす事で「成功出来る」と言う事だから。

成功する人は、成功に近づく行動に、「好ましい感情」が紐づいている。
成功する人は、成功から遠ざかる行動に、「嫌な感情」が紐づいている。

成功しない人は、この逆ですね。

人は、【快を求め】【痛みを避ける】特性があると言われています。

普通に考えたら、そりゃそうですよね!

痛みをわざわざ求める人は、やっぱ普通じゃない訳です。

そんな人は「M」だったりして・・・(汗)

成功する人と、成功しない人の差は、さっきも言いましたけど、たった一つです。

なので、これから成功することは、簡単です!

それは、、、、、

成功に近づく行動に、「好ましい感情」をアンカリングする!

これだけです。

「これだけ」とは言われても、

「コノマシイカンジョウヲアンカリング???」

そんな感じですよね。

なのでまずは、ちょっとだけ頑張れば出来そうな「小さな行動」で練習してみましょう!

行動をイメージする事、実施する事に「快の感情をアンカリング」するんです。

「アンカリング」とは、内部または外部刺激が反応を引き出す引き金になっているプロセスです。

成功に向かう行動をイメージした時、そのイメージの音を聞いた時、見た時に、
快の感情(楽しいな! 嬉しいな!って気持ち)を呼び起こすといいかもしれません。

それでは、何か、1つ小さな行動を考えてみましょう。
小さな行動=大きな行動のチャンク(塊)を小さくする事でも可能です。

例えば、「誰もが羨む、細マッチョな身体を手に入れたい」と思った場合、

普通は「毎日筋トレ!」をしようと考えると思います。

多くの人は、この筋トレに、

1時間~2時間やらなくちゃ!

ってイメージを持ってしまいがちです。

でも、これまで筋トレを何年もやっていない人が始めようと思うのですから、
30分の筋トレでも、大きな負荷を感じるのではないでしょうか。

そこで、コツとしてチャンク(塊)を小さくすることです。
まずは、1日5分、いいえ3分の筋トレからはじめます。
ただし、1日3分でもいい代りに、毎日継続する事です。

1日たった3分でいいんです。

ストレッチやラジオ体操の一部だけでも、1週間、2週間、1ヶ月も続ければ、その効果を感じる事が出来るはずです。

実際自分がそうです。

もちろん、あれよあれよと細マッチョになる訳じゃないですけど、一定の筋肉が維持されているのを実感出来ます!

こういった実感が、運動することに「快」の感情を与えてくれます。

そして、1日3分が、10分〜20分〜30分と、運動時間を増やす事が難しくなくなります。

さらに、2ヶ月、3ヶ月も、毎日運動する事を実行していけば、今度は運動しない日が気持ち悪くなります。
こうなればしめたもの、運動しない事に「痛み」の感情が紐づいたという事です。

最初に話した事を思い出してみてください。

成功する人は、成功に近づく行動に、「好ましい感情」が紐づいています。
成功する人は、成功から遠ざかる行動に、「嫌な感情」が紐づいています。

まさにこれなんです!

またこれは成功した人のストラテジー(戦略)として、行動をスタートした時に【自己啓発】すること、【成功哲学】を学ぶことが大切であると、多くの成功者が挙げています。

やはり行動を始めるタイミングと言うのは「モチベーション」が高い状態ですから、「快」の感情を紐付ける事になりやすいからでもあります。

もし、あなたが「成功したい!」という願望を持ったら、すぐに始めてみましょう。

そして成功する為に、成功するストラテジー(戦略)を学び始めましょう。
「モチベーションについて」「自己啓発」「マインドセット」「成功哲学」
「人間心理」「社会心理」「マーティング」「セールス」「収入獲得ノウハウ」など。

もとから、これらを学ぶ事、新しい事を学ぶ事に「快の感情」が紐づいている人なら、成功の道に進む事が可能です。

しかし、どうですか?正直な所。
勉強や新しい事を学ぶ事に、「痛みの感情」がありませんか?
ぶっちゃけ自分はそうです。子供の頃から勉強が大嫌いでしたし、こんな事勉強するより、大好きな趣味に没頭したいです。
そういう自分みたいな人は、いやいや我慢して勉強や新しい事を学ぶのではなく、
まずは「快の感情」のアカンリングが必要なんです。

1日1時間、成功者のことが学べる分厚い本を読み進める。
これを始め、継続するには、それなりの「快の感情」の大きさをアンカリングしないといけません。

もし難しいと感じたら、、、、、

正直自分もそうでした。

そう、そんな時は、

合間時間、移動時間、ながら時間を使い、オーディオ学習することからはじめる。
または1日5分から、オーディオ学習をするという行動はいかがでしょうか?

本は自ら読み進めなければならないですが、オーディオ学習ならどうでしょう?

音声を流しておけば、あとは「流し聴き」でOKですね!

これぐらい小さな行動なら、やり始めるのに必要な決意や理由もそれなりで大丈夫じゃないですか?
この小さい行動を続けられる程度の快の感情の紐付けでOKなはずです。

まずは1日5分から、オーディオ学習を始めて、継続できる快の感情をアンカリングしましょう。

学習した内容をSNSなどに書いて(アウトプットして)、仲間から反応が貰えるという【快】はどうでしょう?
または、学習したら自身にご褒美するという【快】の紐付けはどうでしょうか?
同じ学ぶ仲間に、行動したことを報告して、拍手されるという【快】もよくないですか?

そのために、1日5分オーディオ学習するということに対して、何か【快】の感情を紐付けていきましょう。

オーディオ学習をすることをイメージして、それによって生まれる未来、成功を手にして喜んでいる姿を頭の中で結びつけることもいいですね。

画像や動画でイメージを高めるのもいいですね!

1日5分のオーディオ学習を継続できる【快の感情】の紐付けができたら、学習をスタートしましょう。

自身の経験として感じていることは、行動を60日間ほど続けると、今度は「やらないと気持ち悪くなる」ということです。
これは、毎日の歯磨きが習慣になっている人が、歯を磨けない日があったら不快で仕方ない、のと同じこと。

注意しなければならないことは、

行動することが当然の状態になるまでは、新しい行動を止める方向に引きずられることがあると言うことです。

「明日は仕事が忙しいから・・・」「今日はいいや・・・」など、行動を止める言葉が頭によぎるのも、その1つです。
1日5分、いえ3分の行動からでいいので、その新しい行動を止める力を上回る【やりたい理由】【やり続けたい想い】で2・3ヶ月継続してみましょう。

日々のルーティンとして、定着させちゃいましょう。

これが出来る様になればラッキー!

だって成功につながる道を歩み出したのも同然なんですから。

コメント

  1. 皆川 晃大 より:

    ながら時間とか隙間時間って意外重要なんですよね。
    このビジネスを初めてから気づかされました。

  2. bescon より:

    こんにちわ
    ランキングからです
    成功しましょう