ニュープロのリフレーミングで失敗を成功にする

こんにちは

いつも元気なわかちゃんです。

 

成功に向かっていると、うまくいかなくて、時に引き戻されることもあります。

 

では、どのようにしてこの引き戻す力に勝っていくか?

 

きょうはそんなお話です。

 

ニュープロのリフレーミングで柔軟な考えを手にする

 

 

ニュープロでは、

「パートが持つ肯定的な考えが、場面によって望ましいアウトカムの達成を邪魔する」

という考え方をすることがあります。

ちょっと言葉では難しそうですね。

 

つまりは、パート(その時々の感情や行動)が、アウトカム(目標)の達成を邪魔することがあるという事です。

ニュープロでは「全ての行動は、肯定的な考えからおこる」と、とらえます。

全ての行動は、どこかで役立つ場面があるのです。

 

良いリソースでも、過度な真面目さや慎重すぎると、

成功することにブレーキをかけることになります。

 

あなたもきっと経験があるかしら?

 

何かにチャレンジする時、少し緊張しますが、可能性や選択肢が広がりますよね。

 

選択肢が1つしかなく、その選択肢では未来への可能性を感じられなくなった時、

人は、ネガティブになり、成功へのエネルギーを失います。

 

こんな時は、ニュープロリフレーミングなどの手法を使うと、

物事の捉え方を柔軟になり、違う選択肢や、新しい可能性を見出したりできます。

 

希望を感じるから、ポジティブになったり、エネルギーがわいたり、元気になったりしますよね。

 

ニュープロを学ぶと、柔軟性の重要さに気づくことが多いです。

 

トライ&エラー(trial and error)って楽しい!

 

 

私も今新しい企画を立ち上げて準備しています。

初めてのことなので、失敗ばかりです。

近頃、この失敗がとても楽しいのです。

 

それは、自分はやりたい成功に向かっているからです。

今の状態は、一つ設定しては、設定はうまくいくのですが、次に繋がらない。

 

どうしたらいいんだ? と考えた時に答えが出てきます。

そしてそれをトライ!

うまくいくときもあれば、うまくいかない時もあります。

 

うまくいかない時また考えます。

 

どうしたらいいんだ?

 

二人でやっている企画なので、二人の目指すところがゴールです。

しかも実際にもうできている人たちもいるのです。

 

成功は間違いなし。

あとはそこへ行く方法を見つけて進むだけ。

 

これって成功哲学と同じじゃないですか?

 

おそらく一人でやっていたら、へこむようなことでも

二人でやることで、知恵も行動も2倍。

 

「これをやったら次に行けるかもしれない」という気分が行動を起こします。

 

それはとてもワクワクするのです。

私は、失敗?がこんなに楽しいと思ったことはありません。

 

今まで音楽をやってきて、コンサートで失敗すれば、

下手すると3ヶ月ぐらい楽器が弾けなくなります。

あまりの落ち込みによって・・・

 

でもニュープロを学んでから、失敗による過度な落ち込みはなくなりました。

 

今は失敗することが楽しい。

だって成功に向かってるからだと実感ができるからです。

 

これって凄くないですか?

 

こんな風に失敗をしながらも、成功に向かって行く実感があるのはニュープロのおかげです。

ワクワクしますよ 。

 

まとめ

 

 

失敗とは、成功に向けて試す複数の選択肢の1つを試しただけです。

試すべきリストを一つ一つ順に試した先に、成功があります。

つまり、失敗とは、チェックリストから、1つ消した行動ともとらえられますね。

 

× 成功しようと思って取った行動=失敗(痛み) とせず

○ 成功しようと思って取った行動=違う方法だった(快) に結びつけましょう。

 

この考え方が、ニュープロであなたをスピード成功に導いてくれることになります。

そして成功までの過程も楽しみましょう!

 

そのエラーも、一生に一度しか体験できないことですから。

 

それこそが、人間として成長していることだと思います。

 

成功までの行動、過程に、快の感情を関連するプログラムを作りしょう。

 

ニュープロって素敵でしょ?

 

あなたもニュープロ試してみませんか?

 

ニュープロを使ってみたい方はこちらからどうぞ

 

私もワクワクはここから始まりました。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事