成功の秘訣(キャリブレーション・ラポール)(アウトプット)

若ちゃんです!

成功を手にするのにとても大切なことがあります!

それは・・・・

ラポールを築くことです。

 

ではラポールとはなんでしょうか?

ラポールとは、フランス語で「橋を架ける」という意味から、心が通じ合い、互いに信頼しあい、相手を受け入れていることを表します。信頼関係の築けた状態のことです。

例えばオリンピックの選手とコーチの関係、よく行く美容室の美容師さんとお客さんの関係など成果や結果出るときにはその関係性にラポールが取れています。

 

成功するにはこのラポールを『自分と自分』で取って行くことが大切です!

「自分とラポール?」

そうなんです。これがとても大切です。

成功する人か、しない人かはラポールができているか否かが大きく関係しています。

 

ではどういうことかお話していきましょう。

 

みなさんは成功哲学や自己啓発や心理学などで成功に関する情報を耳にしたことがあるかもしれま

せん。

成功する人は、成功に向かって一歩一歩歩んでいきます。

成功しない人は成功しない道を歩んで行くのです。

何が違うのか???

そこで大事なのは自分とのラポールなのです。

『今までの自分』と『成功を手にいれる未来の自分』との間でこのラポール状態を作ることです。

 

『今までの自分』がいたからこそ今に状態を作り出すことができました。

そしてこれから成功をつかむために今の状態から変化させて未来の成功をつかむわけです。

変化は人にとって「危険」と、とらえがちです。変化することは怖いのです。

しかし現状維持より変化の先にあることの方がメリットがあると感じたときに人は行動します。

成功とは現状から成功する状態に変化することです。

そのためには『今の自分』と『成功を手にいれる未来の自分』の間でラポールを築くことが大切

です。

 

そのラポールを築くのに大切な役目をするのがキャリブレーションとペーシングです。

キャリブレーションとは観察することです。

人は変わるときに頭の中でいろいろな言葉が浮かびます。

「どうなっちゃうの?不安」とか「変化って楽しいことだよ。可能性がいっぱいじゃないか」など。

それらの言葉をキャリブレーションして自分の癖を見出し、変化させていくことで大きく成功に近くのです。

『成功を手にいれる自分』『今までの自分』の間ではどんな会話がありますか?

脳内会話はどんな傾向にあるでしょうか。

ポジティブな言葉が多いですか?ネガティブな言葉が多いでしょうか?

それぞれの強さはどのようですか?

やらない言い訳や足を引っ張る言葉がどのくらい発せられていますか?

それらの傾向をキャリブレーションしてみましょう。

脳内会話をキャリブレーションして、ペーシング(息を合わせること)していきます。

 

『成功を手にいれる自分』『今までの自分』を認め、ペーシングし、ペースを合わせて、『今までの自分』が変化を納得してお互いのラポールが取れたらリーディング(誘導)をして共に変化をしていきます。

 

『今までの自分』と『成功を手にいれる未来の自分』が一緒になって成功を手にしていきましょう!

 

〜若ちゃん談話〜

自分とラポールを取るって発想、今までありませんでした(>_<)

ラポールをとるって考えると、とても強い味方ができた気がします。

確かに『今までの自分』と『成功を手にした自分』が二人三脚で歩んでいければ明るい未来が感じられて、良い感じがします。

00100

 

コメント