10.アンカリング

スピード成功を狙うばやしです。

イメージしてください

まずは、練習で小さな行動をします。

その行動をイメージして実施することに快の感情をアンカリングしましょう

アンカリングがかかるとは、内部か外部刺激が反応を引き出す引き金になっているプロセスです。

成功に向かう行動をイメージする時にそのイメージの音がした時、見た時に快の感情をアンカリングしてみるのもいいでしょう。

それでは、何か、1つ小さな行動を選びましょう。

小さな行動の作る方法

チャンク(塊)を小さくすることも可能です。

例えば健康を維持することを手にしたい場合

一般的に毎日体を動かす行動にでると考えること多いです。

多くの人は、運動は1時間から2時間のイメージをもってるので

運動を何年もやってな人が運動を始めるのに

30分の運動でも、イメージとしては大きな負荷を感じるでしょう。

大きく感じることを実行に移すには、大きな覚悟、決意が必要です。

それを実行・継続する理由、精神エネルギーがあればできます。

 

コツとしてはチャンク(塊)を小さく

まずは5分チャレンジ運動からはじめます。

こだわりで1日5分毎日できるだけ多くの日数継続すること

ストレッチ、ラジオ体操の一部

1週間2週間1か月でもやれば効果を感じる機会は訪れます。

ある日「あれ・・・この感じで過ごした時、以前なら次の日は腰が痛いのに・・・痛くない」

実感できたことで運動することにの感情になります。

1日=5分が10分に

1日=10分が20分に

増やすことが難なりません

2か月3か月毎日運動することで運動しない日が気持ち悪くなります。

 

  • 成功する人は成功に近づく行動に好ましい感情に紐づいてます。
  • 成功する人は成功から遠ざかる行動に嫌な感情が紐づいてます。

 

詳しくはニュープロ

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事