キャリブレーション力をつけてコミュニケーションを円滑にしょう

未分類

いつもありがとうございますやすらぎです。

今回はキャリブレーションについてです。

キャリブレーションってなんですか?

はい、NLPでは観察することです。

キャリブレーションとは、

一般的には、「調整する」という意味ですが、
NLPでは「観察する」ことですね。

相手の表情・言葉使い・動作・声のトーンなどで
判断することです。

キャリブレーションには2種類があります。

  • 意識的にするのが、バーバルメッセージ。
    (言語コミュニケーション)
  • 無意識にするのが、ノンバーバルーメッセージ。
    (非言語コミュニケーション)

では、ノンバーバルメッセージとはなんですか?

はい、お答えします。

ノンバーバルメッセージとは

感覚表現のことです。コミュニケーションの形として
VAKがあります。

VAKとは、V-Visual(視覚)・A-Auditory(聴覚)
K-Kinesthetic(身体感覚)の頭文字のことです。

つまり、視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚の五感です。

う~ん、難しくなってきましたね。

そうですね。簡単にまとめてみます。

まとめ

人とコミュニケーションをとるには、相手を観察する力
キャリブレーションが必要です。

キャリブレーションの中には、バーバルメッセージ
ノンバーバルメッセージがあります。

バーバルメッセージは、言語つまり言葉です。
ノンバーバルメッセージは、非言語になります。
この場合、感覚表現に耳を傾けることが、重要です。

視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚の五感です。

相手とのラポール状態を作り、信頼関係をとるって
ことになります。

そのためには、成功コーチングをおすすめします。

こんな感じで簡単にまとめましたが、どうでしょうか?

コメント

  1. マッキー マッキー より:

    やすらぎさん、ナイスアウトプットです!
    難しい言葉がでてきますが、VAKは特に重要なので押さえておきましょうね(´▽`)

    • やすらぎ より:

      マッキー塾長、コメントありがとうございます。
      そうです。難しい言葉でアタフタです。
      調べることでインプットをし、さらに、アウトプットも
      やっていきます。