あなたは何派?VAKを知り、ラポール力、目標達成率アップ!

未分類

音で人を癒すwebライターの若ちゃんです!

皆さんは何かを感じたとき、どんな表現をしていますか?

例えば、こんな写真を見たとき

ある人は‘昔行ったことのある場所‘を思い出すかもしれません。

またある人は、‘木々がざわめく風の音‘を感じるかもしれません。

またある人は、‘木々の香り‘を思い浮かべるかもしれません。

人は何かを感じるとき「VAKのシステム」を使って感じます。

VAKとは・・・

  • V:Visual
    視覚優位。目に見える情報を重視します。
    視覚を表す言葉「見る」「注目する」「明るい」など視覚に関する表現を使います。
    頭に浮かんだイメージなどを言葉にしていくため、切り替えが
    早い、早口、表現するために手を動かすことが多い、視線は上向きなことが多いという特徴があります。
  • A: Auditory
    聴覚優位。耳からの情報を重視します。
    聴覚を表す言葉 「聞く」「言う」「静か」など聴覚に関する表現を使います。
    音や言葉の響き、正確さに敏感です。
    物事を論理的に語る傾向があります。
    目は耳の方向真横に左右に動くことが多いです。
  • K: Kinestic
    体感覚優位。触覚、嗅覚、味覚など体感覚、気持ちについての情報を重視します。
    体感覚表す言葉「触る」「握る」「固い」など体感覚を表す言葉を使います。
    視線は下向き、感じることを表現するのに身振り、手ぶりで表し、比較的ゆっくり話します。

これらは自分というフィルターを通して、感じる時に利用する感覚、あるいは、記憶から脳内で何かをイメージする時に感じるシステムです。

このことをNLPでは『表象システム』といいます。

この脳内で表象される全体像をNLPでは「地図」や「モデル」と呼ぶことがあります。

この表象システムを使うとラポールの形成に役立ちます。

相手の表象システムを知ることで、相手の優位感覚からペーシングして、他の感覚表現で、
リーディングしてみましょう。
より深いラポールが取れることでしょう。

これはコミュニケーション力をアップさせ、それは目標達成率をアップすることに
つながります。

そのためにも、まず自分の優位表象システムを知り、他の感覚をも研ぎ澄ましていきましょう。

普段使わない感覚にこそ、可能性を広げる種が隠されているのです!

この表象システムを理解して、コミュニケーション能力をアップさせ、スピード成功に役立てていきましょう!

コメント

  1. セフィママ より:

    若ちゃん、ステキな記事ですね!
    最初の森で、私は雨に唄えば!の曲が出てきました! 書いているのが音楽家の若ちゃんだからかなぁ(^^)

  2. マッキー マッキー より:

    若ちゃん自分の得意分野をいかしていきましょうね!