リフレーミングで成功を加速する  コンテンツ12

起こったったことに対して,みているフレームが違えば

その現象は、

あなたを弱め、成功から遠ざけることになったり、

あなたを強め、成功を加速化させることになります。

 選べるなら、あなたはどちらがいいですか?

 

同じことが起こり、それに対する反応が

 あなたの成功を邪魔する方が嬉しいですか?

 それとも、

あなたの成功を応援してくれる方が嬉しいですか?

 

124時間で、たくさんの事象が起こっては過ぎていきます。

 

そして、1365日で、その365倍の回数。

 

そして・・・数年・・・

 

その膨大な事象の多くが、あなたの成功に役に立つことになるの?

 その膨大な事象の多くが、あなたの成功を邪魔することになるの?

 

その差を想像するだけで、

どちらの人が

成功するのか?

 早いのか?

簡単にわかると思います。

 

もし、あなたが「この事象への影響」をコントロールできるとしたら・・・・

 

あなたの成功率は上がり、成功への速度が加速しますよね。

 

あなたに起こる膨大な事象の多くが、

 

あなたの成功を後押ししてくれるなら?

 

「はい!是非!そうしてほしいです!」

 

そう思う人が多いでしょう。

 

物事が起こった時に、

自分にどんな気持ち・感情で、どんな言葉をかけるか?

 

これをコントロールするテクニックとして

 

リフレーミングというものがあります。

 

リフレーミングとは、起こった出来事について

 

フレームを変えてみると、その捉え方が変わるという考え方です。

 

何か出来事が起こった時に、自分でフレームを変えてみると

 

それに対する気持ちや感情が変化し、自分にかける声も変化します。

 

例えば、成功に向けて行動を起こしたものの、予想を下回る結果だった時、

 

「失敗した・・・私はやっぱり駄目ね・・・

 

何かしても、できないんだわ、もう無理」

 

という失敗に対する反応と

 

「よし!良い経験をした。

 

この方法やこの経験値で行っても、結果はこうなるのね。

 

では、良い結果を出すには、やり方を変えよう!

 

経験値を上げてから、このやり方に戻ればいいのね。

 

ふむふむ、そうすると・・・あと3回やってみれば・・・」

 

周りから見れば失敗と表現される現象を目の前にした反応が

このような姿勢で進むのと、

 

どうなるでしょう? 

 

『失敗は成功のもと』と』『失敗はない。経験があるだけだ』

 

『成功のリソースとは失敗である。それは練習だから』など

 

そんな言葉に触れる機会を増やして、現象が起こった時にこうこういった考え方に

リフレイムしてみることですね。

 

起こっててしまった現象を変えることはできませんが、

 

それに対する反応はコントロールすることが可能です。

 

リフレーミング力をつけて、成功を加速させましょう!

 

コメント