無理なくゼロからトップアフィリエイターになろう。

■エスカレーター式思考って何?
私たちは、特別なスキルがあったり、
高学歴なわけでもありません。

インターネットビジネスの成功は、
車の運転と同じようなものです。
たいていの人は、教習所にいって免許を取る。

免許を取るまでに、身につけないといけないこと身につける。
覚えないといけないことを覚える、これだけです。

インターネットビジネスでの目標収益達成も、
目標を達成するまでに、最終目標までの道のりを小さく区切って、
見かけ上、達成出来るイメージのハードルを下げてから、
身につけないといけないことを身につける。
覚えないといけないことを覚えるだけ。

基本が見つけば、あとは
・成果がでる正しい方法で
・目標を達成するまでの作業を量をこなすだけ。

簡単に言うと、難しいと思う塊を簡単になるまで分割してしまいます。
一つ一つの小さいパーツをクリアして、全体を完成させていきます。

イメージするなら、5メートルの壁。
一気に、波も使わず上ることは難しいでしょう。
ただ・・・どうでしょうか?
一段一段上がれる階段を付けてみたら?
目的地となる壁の上にたどり着くことができますね。

 

■エスカレーター式思考とは、現実と理想のギャップを知るためにある!
エスカレーター式思考を使い、以下のような多くの成功事例を達成出来るようになったようです。

●ちょっと前まで素人だった生徒に88本の成約を達成させてあげる
●初心者の女子医大生のアフィリ初収入11万円を数日で達成させる
●コンサル指導で月120万円の収入を達成させたり
●1.2ヶ月で、弟子に186万3千円以上の売り上げを出させることに成功
●仲間に教えてあげただけで、売上げを679万480円以上作ってあげる
●プロデュース商材が1億円を突破
●アフィリエイター成約率NO.1で表彰される
●何もない状態から600万円以上が1.5ヶ月で集まる。
●結果の一例ですが、わずか1年で2400万以上稼ぎました。
●指導したメンバーさんが初心者でも900万円超え。
●メンバーのひとりは日給15万6千円を達成
0→1の成果(初めての成果の声)
1→5や10の成果
数万円、数十万円、百万円超え、それ以上の成果報告声、声、声!
なぜ、各段階の成果を出す指導ができるのか?

それは、実力に合わせた稼ぎ方や案件の提案ができるからです。
それを目標達成に必要なリソース(資源)と私たちは呼んでいます。
Aという状態から、Bという状態になるには
それに必要なリソースがあつまれば、可能という発想で指導をしています。
ここで、1つの当たり前に扱っている概念について考えてみてください。

問題解決とは、何か?
問題というのは、「望ましい姿」と「「実際の姿」との間にある差。
少し言い換えると、問題解決とは「望ましい状況」と「現状」のギャップを埋める作業。
実は、目標達成も同じなんですね。
「目標を達成した状態」と「現状」のギャップを埋めていく作業と言えます。

そのために、現状を正しく理解し、また目標をはっきりと決めて、
それを達成するためのステップ、小目標を自分はもちろん、
可能なら誰かに見てもらい、客観的にも理解できるレベルに
設定する必要があります。
自分だけの小目標とステップだと独りよがりかつ、
そのアプローチで目標を達成できるか分からないからです。

なぜ、iBSAが「初めての成果」から段階的に数十万円、百万円超え、1000万円と結果をださせ、出してきたのか?

その1つの理由に、段階に合わせた案件とノウハウの提供が
あったからです。
だからこそ、ゼロ初心者が1000万円を稼ぐノウハウ、
問題点と解決方法をグループ内のメンバーで共有しています。
いいかえると、人財と呼ばれる位、人を大切にする必要があります。
それこそが、成功への道になります。

よくある失敗は、
「ある特殊な人(高学歴)」が「ネット上級者」で活動して
結果がでたノウハウ、それをパッケージ化した情報商材として
販売されていて結果がでた要因となるリソースを持たない人が
購入して、実践し挫折することです。
その時々にあった情報、ノウハウ、案件を扱うことが成功率を高めます。

exeBPカリキュラムの収入事例は豊富です。
『成果が出ている【実証済み】ノウハウ』としてのマニュアルや
教材類は、BMTSの受講特典として限定プレゼント中です。
実証された結果をご確認ください。
こちらをクリックすると成果者の生声(成果報告・感想・喜びの声)を
ご覧いただけます。
こちらから。

コメント

  1. マミーちゃん より:

    太郎さん、とてもわかりやすいです。
    難しいと思う塊を簡単になるまで分割してしまうことや5メートルの壁。
    「目標を達成した状態」と「現状」のギャップを埋めていく作業。
    教習所行くことと同じ事。
    どれも簡単なたとえで理解できました。

  2. 太郎植松 より:

    マミーさん、ありがとうございました。
    私も、こうしていくと、段階的にステップを踏んでいけば
    必ず目標の達成に到達する。そうしたアプローチが可能なのだと
    分かってきました。
    いずれにしても、日々、できる事を積み重ねて、ある一定の
    ラインまで到達するための努力は必要なのだと思うのですが
    その到達するハードルが高いとモチベーションが上がらない。
    したがって、ハードルを小分けにして、どのようにしたら
    そのハードルに到達するかの練習方法までわかる。
    素晴らしい仕組みだと思います。