VAKで自分の優位感覚を知って成功へ突き進もう

こんにちは。ユーモアを暮らしの中に人生を楽しむタケッチです。

今回は NLPのVAKについてお話をします。

 

 

 

 

 

VAKってなんぞや?そう思われた人もいるかと思います。

VAKとは以下の3つの感覚のことです。

「V」ビジュアル(Visual)視覚優位
「A」 オーディトリー(Auditory)聴覚優位
「K」キネススティック(Kinesthetic)体感覚優位

それでは一つ一つ見て行きましょう。

VAKってなあに?

ハンバーグを例に見て行きましょう。

「V」ビジュアル(Visual)は視覚優位で目で見た情報を重視します。

この感覚が優位な人はハンバーグ美味しそうって

写真や動画、TVなどから情報を得ます。

 

 

 

 

 

 

「A」 オーディトリー(Auditory)は聴覚優位で音で聞いた情報を重視します。

肉汁が飛び出るジュワーとした音や

ハンバーグが焼けるジュージューとした音で

美味しそうと想像します。

 

 

 

 

 

 

「K」キネススティック(Kinesthetic)は体感覚優位で体験した情報を重視します。

実際にハンバーグを作る工程に楽しさを感じます。

 

 

 

 

 

VAKだけでないVAKADとは?

実はこのVAKはMPフィルターでも同じようなものがあります。

それは確信のフィルター(チャンネル)です。

それぞれ[視覚][聴覚][身体感覚][読解]があります。

 

視覚は「V」ビジュアル(Visual)

聴覚は「A」 オーディトリー(Auditory)

身体感覚は「K」キネススティック(Kinesthetic)

読解は何?と疑問に感じたあなた

良い質問ですねぇ~

 

読解は...ADです。

TV番組の裏方さん?

違います。

 

ADは(Auditory Digital)で言語感覚優位で文章での情報を重視します。

ハンバーグで言えばレシピを読んで美味しそうと感じる感覚ですね。

 

 

 

 

 

今回はVAK(AD)について書きました。

 

人それぞれ優位な感覚があれば苦手な感覚があります。

優位な感覚は活かして苦手な感覚は、その感覚が得意な人にやってもらう。

そんな感じで上手くラポールを取っていければ良いですね。

 

私がNLPを学ぶきっかけはこちら↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事