人間関係を構築する6個の㊙テクニック

握手 未分類

人間関係を構築する6個の㊙テクニック

 

こんにちは。ポジティブプレナー 久(Hisa)です。

 

今回は人間関係(コミュニケーション)を
上手く構築するための6個の方法をお伝えします。

 

一度に6個を使う場合もあれば、
組み合わせたり単体で使いますが、
難しいと思うわずに色々なパターンで練習して
習得して下さい。

 

 

◇ 人間関係の構築の原則

 

人間関係を構築することの基本原則とは
お互いに対する信頼関係を築く事です。

 

この信頼関係を【ラポール】が取れた状態と言います。

 

【ラポール】とは臨床心理学やNLP(神経言語プログラミング)では
「心が通い合っている状態」を表す言葉です。

 

これによって互いに安心感も得ることが出来ます。

 

これは家族、友人、知人、商談先でも同じ事で
信頼と安心で相手にこちらの話を受け入れてもらいやすく
変化した状態で人間関係は構築されてゆきます。

 

人間関係

 

◇ 構築のための6個の手法

 

「信頼(ラポール状態)を得るためにはどうすれば良いのか?」
となりますが、これからお伝えする中には、
きっとあなたも無意識で行っていることが有ると思います。

 

それは今までのあなたの人生経験から得られたものであり、
自然と学んだことなので、今度は意識して使うことで
さらに上手く使うことが出来るようになるでしょう。

 

(1)共通点を探す

 

初対面の人と話す場合に、話のきっかけとしたり
親近感、距離感を近づけるのにとても効果的な事です。

 

会話の始めで共通点が見つかれば、
とてもスムーズに話せますし、話題にもなります。

 

・生まれた場所や住んでいる場所が同じ。
・年齢や世代が同じ
・好きな音楽、スポーツ、趣味が同じ。
・共通する友人や知人がいる
などが親近感や距離感を近づける話としては強力です。

 

(2)Yes(はい)と返事してもらう

 

これはテクニックの一つで、
NLPでは【Yesセット】と言い、
相手の返事が「Yes (はい)」となるように
質問をすることです。

 

この「Yes」を相手に繰り返し返事させることにより
「Yes]と答えやすい心理状態にさせることが出来ます。

 

商談等の場合のテクニックとして用いる事が多いです。

 

握手

 

(3)ペースを合わせる

 

これは相手のペースに合わせる、同調することです。

 

これをNLPでは【ペーシング】と言います。

 

何を同調するのかと言えば、
・呼吸のスピード
・声の張りや大きさ、トーン
・話すスピード
・言葉の使い方などです。

 

相手のペースと同調する事で一体感や
親近感を感じさせてラポール状態を生みます

 

 

(4)鏡にうつす

 

鏡(ミラー)に移したように相手を真似ることです。

 

これをNLPでは【ミラーリング】と言います。

 

相手の仕草、動作、言葉の使い方などを
相手と同じように真似る事です。

 

ただし、あまり極端にするのではなくて
例えば、会話中の呼吸やお茶を飲むタイミングを
合わせることなどから始めると良いでしょう。

 

実際に恋人同士などが自然と、食事中に同じタイミングで
コーヒーを飲んだり、見つめ合ったりする事があります。

 

相手に「何と無く気が合う」と自然に
一体感を感じさせることでラポール状態になれます。

 

(5)オウム返し

 

相手の話す言葉やキーワードを
そのまま相手に話し返す事です。

 

これをNLPでは【バックトラッキング】と言います。

 

相手は「自分の話しをちゃんと聞いてくれている」と
安心と親近感を感じてもらうことが出来ます。

 

ただあまり露骨にそのまま返すとか、
何回も何回も繰り返すと逆効果になる場合もあるので要注意です。

 

返し方として
・言葉をそのまま返す(いわゆるオウム返し)
・話を要約(内容をかいつまんで)を返す
・キーワードとなる単語を使って返す
・相手の感情の状態を察知して返す
つまり、先述のペーシング、ミラーリングと同じで
同調することにより一体感を感じてもらうことです。

 

(6)観察

 

本来は一番先になるかも知れませんが
相手を良く観察する事が重要で、当然ペーシングや
ミラーリングを行うためにも重要なことです。

 

NLPでは観察のことを【キャリブレーション】と言います。

 

キャリブレーションは見ることだけではなく、
相手の話し方、声のトーン、声の張り、テンポなど
見ることと聞くことの両方が重要になります。

 

この観察(キャリブレーション)が出来なければ
ほぼ人間関係の構築は達成できませんので
しっかりと意識して注意い深く観察し活用して下さい。

 

今回は、人間関係を上手く構築する6個の方法 をお伝えしました。

この6個を上手く活用できるように日頃から意識して練習してゆきましょう。

 

ライター : ポジティブプレナー 久(Hisa)

コメント

  1. マッキー マッキー より:

    久さん、ナイスアウトプットです!
    これらの要素が自然とでるようになるまで訓練したいですね!
    まだまだ修行せねば( ー`дー´)キリッ

  2. 若ちゃん より:

    さすがです
    とてもわかりやすいです!
    自然に入ってきます!