あなたを成功させるパワーが言葉にはある!サークル・オブ・エクセレンス ‐ NLPが あなたをお金持ちにする

リライト第5弾です。今回はこれ↓

「あなたを成功させるパワーが言葉にはある!サークル・オブ・エクセレンス ‐ NLPが あなたをお金持ちにする」

あなたを成功させるパワーが言葉にはあるのです。
言霊という言葉があるぐらいです。

NLPは、神経言語プログラミングの略です。
言語プログラミングという通り、言語についての研究という側面があります。
なぜなら!言葉にはパワーがあるからです!

NLPにはパートという考え方のフレームがあります。
全てのパートが同意した時、私たちは何をすべきかわかっていると感じこともあるでしょう。

こういった状態を『一致』と表現します。
一致は、パワフルな状態です。

決意・決心したような感覚であり、後ろ髪をひかれることはなく、
身体も心も「YES!」と言っているのです。
アウトカム達成に役立ち、推進力を持っている状態と言えます。

一致は、成功する十分なチャンスを与えてくれます!

不一致感は、葛藤する欲求の間でぐらつき、何をすべきがわからない感覚を生んだりします。
何かがしっくりこない・・・後ろ髪をひかれている為に、決意決断することできません。例え、決心した!と思ってみても・・・

あるいは、ブレーキを踏みながらアクセルを踏むような、進みたいのに進めない矛盾の状態かもしれません。

決心が揺らぐという表現も適当かもしれませんね。

一致は、意識も無意識も成功の方向に向かっていると考えることもできそうですね!
成功への推進力を持たない不一致状態は、NLPで一致状態に変化させることで解決します。

無意識が、成功へ進むことを同意している感じです。
成功することに意識することを継続していくと・・・
無意識が「できて当然」「成って当然」「持つことは当然」という感覚になることは、
強力なパワーがある無意識を成功することを手伝ってくれる状態と考えています。

自分の目標や夢を文章などで見た時に、自分の体感覚、ステート(状態)が、
スタート時、強く願っていた感覚と比べ変わっていることが1つの予兆と言えます。

継続して夢や目標に触れていくうちに、不一致感がなく、静かなる情熱をヒシヒシと感じる状態に変わってくるでしょう。
例えば、スタートの頃は違和感を持ちながらも、ワクワクしていた状態が、違う状態へ変化してきます。

もはや、できて当然なのにそうなっていないことに焦燥感を感じることだってあるかもしれません。
あるいは成って当然の状態に成っていない今、成ることに使命感を心おだやかであるが強烈に感じるのかもしません。
無意識にあなたのアウトカムが沁み込み、一致感をもつことは、成功の大きな後押しとなります。

NLPでは、ボディ・ランゲージ、そして行動、発言、言葉の使い方、声の調子など、バーバル(言語的)メッセージとノンバーバル(非言語的)メッセージが同意して、同じ方向に向けられている状態を一致としています。

自分の言葉使いに気づき、自分の言葉使い以外のものにも気づくという感覚の鋭敏性を高めることが大切ですね!
無意識にプログラムをインストールできたことを知るのに、
自分の体感覚、ステート(状態)をキャリブレーションすることは役立ちます。

成功に役立つプログラムをインストールしていきましょう!
成功に必要なプログラムを無意識にインストールすれば、成功は自動であり、加速します。
言葉の力で、無意識にプログラムをインストールできます。
自分で「心臓よ!もっと速く動け」と考えてもそうはなりません。
心臓を動かすことは、意識して動かしているわけではありませんね。

しかし、ものすごく怖い小説にのめりこんで読んでいると、恐怖の情景をイメージすることになります。
そのイメージをリアルに感じることで、実際に身体は恐怖を感じます。
そして、鼓動が早くなることがあります。
言葉によって、心臓が速く動いたということですね。

「身体よ!体温を1度上げてくれ!」と考えても体温調整はできません。
体温調整も、普通は無意識の働きと言えますね。

しかし、興奮する内容を描いた文章に没頭することで、言葉から興奮のイメージが想起されます。
そのイメージに臨場感を感じることで、実際に興奮状態になり、身体が熱くなることもあります。

手に汗をにぎるなど、発汗することもあります。

言語という入力で、頭や心にイメージが想起されます。

そのイメージの臨場感が高いと、リアルな感覚を感じることになります。

例えば、こんな話はどうでしょうか?
催眠を勉強する時、良く出てくる話です。

ずみずしい大きなレモンを手にいていると想像してください。
色を良く見てください。
それを手の中で転がしてみましょう。
レモンの皮の細かなデコボコを感じるかもしれません。
手の方から、レモン独特の香りに反応するかもしれませんね。
まな板とナイフを用意してください。
レモンをまな板に乗せ、ナイフを手にしてみましょう。
スライスしていきます。
ナイフがレモンの皮に入っていく感触、果肉に切り進む感触・・・
その一切れを手に取り、目の前に持っていきます。
みずみずしいレモンの果肉を目にしながら、口を開けてみましょう。
スライスした一切れのレモンを口の中に入れて、そして食べてください。
私は、こういった言葉を耳にすると、自然と口の中に唾が広がります。

言葉によって、身体が反応する一例ですね。

言葉の力で、無意識にプログラムをインストールできます。

NLPのワークの練習では、ガイド役(プログラマー)がガイド手順の文章を言葉で話します。

クライアント役の人は、その言葉によるガイドで実際に体感覚・ステートが変わります。

ガイド役(プログラマー)が、手順を読み上げてガイドしていると、
言葉の力で、無意識にプログラムをインストールしたと言い換えてもいいでしょう。

『アズ・イフ・フレーム』も、その一例です。
もしも、何々だったら」というフレームで言葉か消していくことがNLPの技法ではよくありまる。
タイムライン系のワークもそうですね。

過去、現在、未来など、あたかも時間軸があることを前提にガイドを進めていきます。

過去、未来に行くことをイメージしたり、
床に過去から未来に伸びる時間軸を見て感じることができたり、
過去、未来を見たりすることが可能です。

言葉によってトランス体験をさせていることと同じと言えそうですね。
人は、言葉かけによって、イメージを想起する能力を持っています。
現実の目の前にないものを見せて、聞かせ、感じさせているのですから、
催眠術にかかっている状態と似ていませんか?

『サークル・オブ・エクセレント』というNLPのスキルも面白いですよ。

自分がリソースフルな状態を想起して入り込みます。
そして、人が立てるぐらいの円周がある『輪』をイメージします。
それを目の前の床の上において、そこに立つこととリソースフルな状態をアンカリングする技法です。
そのイメージの輪を持ち歩き、必要な時に輪を出してその上に立つことができます。
NLPのエクササイズやワークでは、言葉によるガイドで実際にステートが変化します。

自分の意識が外側でなく、内側に向いていてある状態に入り込んだことをインステイトと呼ぶことあります。
そこから、こういったエクササイズを、インステート・エクササイズ、インステート・ワークと言われることがあります。

ステートが変わったことは、外部に振る舞いとして表出しているのをキャリブレーションで確認できます。

ステートが変われば、顔の表情がかわり、姿勢や体の動かし方も変わりますから!

・人が落ち込んでいる時を想像してください。
どんな表情ですか?
姿勢は、どうでしょうか?
目線は下に下がり、背筋はまるまり・・・そんなイメージかもしれませんね。

では、逆に
・人が元気いっぱいな時を想像して下さい。
やはり、ステートが違えば、外側に表出する振る舞いは違いますよね?

メタファーとも言えるサークルは、必要なリソースを瞬時に呼び出せるリソース・アンカーになっています。
サークルに、リソースフルな状態がアンカリングされているからです。

このように、言葉の力は凄いんです!
言葉により、イメージを想起、それは無意識に影響を与えます。
NLPを勉強してみませんか?
そうすることで、自動的に成功に向かう感覚を感じ、成功は加速します。

NLPを勉強して、成功に必要なプログラムを無意識にインストールしましょう。

 

どうでしょう?

コメント

  1. やすらぎ より:

    うさじさん、NLPのことがよくわかりますね。

    レモンを切る、酸っぱい状況の例えは素晴らしいです。
    もっともっと勉強しなければ、と思います。ありがとうございます。

  2. こんにちわ!!ランキングからやってきました。
    記事を興味深く拝見させていただきました。ネット初心者でまだまだですが楽しみながらやっています。実際行動あるのみでぼちぼちですが前に進んでます。

  3. bescon より:

    おはようございます
    応援にきました
    買い物に行く時など
    1人で車に乗るときには
    オーディオコンテンツを聞いてます

  4. bescon より:

    おはようございます
    ランキングからです
    応援に来ました