天才が天才をモデリング?スピード成功するためのモデリング。

NLPは天才が天才をモデリングして生まれました。
成功に役立つコアな部分をレシピ化してモデリングをします。

特定の分野で成功している人を、よく見て観察します。
行動パターン、言葉使い、体の動かし方やクセといった目に見える部分から、考え方、信念や価値観、戦略など、内面の部分まで明らかにしていきます。

それらの重要な部分をマネしたり、レシピ化をすることで、学習をして同じ成果やパフォーマンスを再現できるようにします。

成功者のマネをするのです。

マネをすることで思い出すのが…
安室奈美恵さんをマネした「アムラー」の女の子たちや
プロ野球でブレイクし始めたイチロー選手にあこがれて、振り子打法をバッティングセンターでしていた子供たちです。

では、その人はなぜ成功しているのか?
どの考え方、言葉の使い方、どういった行動が成功を生み出した?
どの順番で考えたり、行動したりするのか?
口癖は、体の使い方は?好きな言葉や本は? どんな価値観や信念があるのか?
その中でも、成功に役立っているコアな部分はどこか? それを探し出してみます。

2対8の法則という考え方がありますね。
「全体の2割の行動が、8割の結果を生む」
「全体の8割の行動が、2割の結果を生む」
こういった考え方です。

8割の成果を生み出す、2割の部分を抽出して
真似てみると、成功が加速されることが多いですね。

レシピを作る時でも、行動分解してマニュアル化するときでも、 重要なポイントは強調しますし、全部の行動の中でも絶対に飛ばせない部分がコアな部分と考えてもいいでしょう。

結果を生むコアな部分に目を向ける。

実際に、人よりも早く成功する人達を観察すると、 目標に焦点を当てて動いている人が多く、 必然的に大きな結果を生むコアな行動を多めにしていることになります。
同じ時間を使っても人によって結果に差がでる理由のひとつですね。
自分が成功するために他人をモデリングする時は、成功に役立つコアな部分をモデリングすることが、スピード成功のコツなのです。

コアな部分を見つけるには、観察眼・焦点を合わせる力が重要です。

話す内容や言葉の使い方に意識を向けるのも重要ですし、
言語以外(ノンバーバル)、姿勢、動き、呼吸、表情、声のトーン、声のテンポなどをキャリブレーションする能力も高いほどいいですね。

プチリッチへのインターネット収入ツア- 1日30分から自宅でイージー・ゼロスタート- ies攻略ガイド ノマスタ公式ハンドブック-

コメント

  1. やすらぎ より:

    ほりほりさん、素晴らしいですね。

    その通りです。私も成功されている人のモデリング
    していきます。

  2. ハッピー より:

    ほりほりさん、ibsaにはモデリングするべき成功者が沢山居てやりがいありますね⁉️お互いガンバって行きましょ~

    • horihori horihori より:

      ハッピーさん、コメもありがとうございます!本当にそう感じます!
      自分にとってはみなさんが学びの対象ですので、これほどありがたいことはありません。
      自分もがんばります!