ビジネスの成功にラポールスキルは最強の武器

こんにちは。ユーモアを暮らしの中に人生を楽しむタケッチです。

今回はビジネスの成功にラポールスキルは最強の武器ということで

ラポールについてお話します。

 

 

ラポールとは

ラポールとはフランス語で「橋をかける」という意味で、

 

 

相手と自分との間に橋が架かっている状態、

すなわち、心が通じ合い、互いに信頼し、

相手を受け入れている状態を指します。

 

では何故ビジネスの成功にラポールが大切なのか?

ラポールが築けていないと信頼関係がないので

相手に対する説得力や影響力が生まれず、

「良い提案をしても受け入れてもらえない」「ギクシャクした人間関係」

といった状態になってしまいます。

つまり、努力が報われないコミュニケーションになってしまいます。

 

なのでラポール、つまり信頼関係を築くことで

「相手の警戒心が解け、安心し、気づいたら本音で話せていた」

といった状態が生まれます。

 

 

なのでラポールを築くことはとても重要です。

 

共通点を見つけてラポールを築く

共通の話題があると親近感を感じることが多いです。

初対面であっても、同郷だと知った瞬間に、親近感を感じることありますよね。
同じ誕生日、同じ血液型、好きなスポーツチームが同じ、
共通の知り合いがいることを知ったときなど。

 

 

会話の冒頭などで、「自分と相手との共通点を見つける」。
雑談してから本題に入る。

まずは相手との共通点を見つけて相手とラポールを築きましょう。

具体的なラポールの築き方

それでは具体的なラポールの築き方についてご紹介します。

以下のような手段でラポールを築きます。

 

Yesセット(イエスセット)
相手が必ず「はい(YES)」と回答する質問をします。

返事が「はい」となるような質問を何度も繰り返すことで
相手が「はい」と答えやすい心理状態に導くことが狙いです。

会話の冒頭で、Yesセットを入れることで話し合いがスムーズに進みやすくなります。

 

ペーシング
相手のペースに合わせることでラポールを築き、維持することを狙います。
基本的には、呼吸のスピードや深さを合わせたり、声の大きさや話すスピードを
合わせます。

広く解釈すれば、相手の信念や価値観、
そこからでる言葉の使い方・声のトーンなど
あわせることもペーシングと言う場合があります。

 

ミラーリング
鏡に映るように、相手の動作を真似るという意味です。

相手と同じような姿勢、仕草、言葉使いなどを合わせます。
さりげなく合わせるようにすると良いでしょう。

 

バックトラッキング
ラポールを形成したい時に使う「会話している時の聴き手がする」反応で
基本的には、相手の話をそのまま返します。

相手が話す言葉をそのまま返したり、要約して返すのがバックトラッキングです。

この際注意しなければならないのが、特に相手が使っている感覚を意識して
同じ感覚の言葉で返すことです。

返し方としては以下があげられます。

・相手の言葉をそのまま返す(オウム返しのように返す)
・話が長い場合は要約して返す(話の要約)
・相手の感情を汲み取って返す(相手の感情)

ミラーリングや、ページング同様、相手と同調し、
一体感を持ってもらうことが目的です。

また、バックトラッキングを行う効果として、
相手は自分の話をよく聞いてくれて、理解を示してくれ、
受け入れられているという感覚を持ちます。

相手の言葉を繰り返すことによって、相手の無意識は、
あなたに親密感を持ってもらうことを狙います。

 

キャリブレーション
ペーシング・ミラーリングしていく為には、

相手を見ること、相手の話を聞くことが重要です。

身体の姿勢・ジェスチャー、眼球の動き、呼吸パターン、表情、
声のトーン、声のリズム・テンポなどの変化を観察して
ラポール形成に活用します。

 

どうですか「ラポール」まるで魔法みたいですよね。

 

今回はラポールスキルは最強の武器ということで

ラポールについてお話をしました。

 

ラポールを築くことで

あなたの成功は間違いなく加速します。

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

私がNLPを学ぶきっかけはこちら↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事