3C分析について

こんにちは。ユーモアを暮らしの中に人生を楽しむタケッチです。

引き続きビジネスフレームワークの用語を10回に渡って紹介していきます。

ビジネスフレームワークとは、
経営戦略や業務改善、問題解決などビジネス上で
役立つ分析ツールや思考の枠組みのことです。

問題解決や意思決定を必要とするときに、漠然と考えていたのでは時間がかかるうえに
有効な手段や結果にたどり着けないことってありますよね。

フレームワークとは「枠組み」「骨組み」「構造」のことです。
要は検討すべき項目やポイントをパターンとして落としこんで考えるための枠組みです。

フレームワークにはさまざまなものがあります。
5回目の今回は3C分析についてお話します。

3C分析は、3つのC

「Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」から

現状を分析するフレームワークで、

事業計画やマーケティング戦略を決定する過程で有効な手法です。

顧客や競合の動向を知ることで自社の強みが浮かび上がり、

ブランディングやマーケテイング戦略に反映させることが出来ます。

それではスターバックスを例に具体的に説明します。

 

スターバックス成功の理由

3C分析でスターバックス躍進の理由をまとめてみます。

(自社Company)
ドトールが提供できていなかった「おしゃれ」「高級感がある」「コーヒーがおいしい」

という顧客の潜在ニーズに対して提案することができた。

スターバックスのサービスに独自性があり新しかった。

 

(競合Competitor)
ドトールは正反対のポジションに位置し、シアトル系カフェの競合もいなかった。

 

(顧客Customer)
コーヒーチェーン店はドトールが中心で、

顧客にとって「おしゃれ」「高級感がある」「コーヒーがおいしい」に

応えているお店が存在しなかったため、それらが潜在ニーズであった。

スターバックスの独自性が新たな市場機会を発見

さらに3Cの中でもスターバックス自体(自社Company)に

「差別化のポイント」が数多くありました。スターバックス「差別化のポイント」

  • 独自のコンセプト”Third Place”(家庭でもなく職場でもない第3の空間)
  • 落ち着いた店内、ソファが設置してあり長居ができる。
  • 新しいメニュー(ラテやカプチーノ)
  • 全面禁煙(テラス席を除く)
  • ドリンクのサイズが「ショート」「トール」「グランデ」など、今までと違う呼称。
  • コーヒーのカスタマイズができる
  • バリスタがいる
  • オープンテラスを設置

まとめ

このように3C分析を使うことで自社の強みを知り、

競合、市場・顧客への分析を行うことで

差別化を行うことが出来ます。

 

今回は3C分析についてお話をしました。

3C分析はビジネスで戦略を立てる時など大いに役立ちます。
なので3C分析ってあったなって感じで覚えておいてくださいね。

 

私がNLPを学ぶきっかけはこちら↓

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事