何事も挑戦。とにかく取り組んでみましょう。

この記事を見て、気づいたこと。
それは誰かからの依頼は、成功のチャンス、成長のチャンス。
是非とも取り組むことだという事でした。

出版依頼から、たった10日で電子書籍を刊行
セオリーどおりの方法で7000部のヒット作家になり
本の販売から売上げを1,000万!iBSAの仕掛けた全戦略

それは、突然のことでした・・・
お世話になっている会社の人からの連絡。

「今、出版本の電子書籍を扱うサービスを開始しています。
困っているんです・・・。ユーザー登録数を増やさないと・・・
スマホアフィリエイトで第一人者と言われるiBSAさんに、
ぜひ、業界初のスマホアフィリの本を出版してほしいですが・・・」

本なんて書いたことがないので、そのお願いには躊躇しました。
しかし、お世話になっている方なので、むげには断れません・・・

力にはなれないだろうが・・・もう少し話を聞いてみました。

「っで、いつまでに出版を予定していますか?」

「はい。今月のユーザー登録数を増やさないといけないので・・・2週間以内で・・・」

「えっ!???2週間ですか??」

電子書籍とは言え、原稿を書くのだって大変です。時間がかかります。

っで、その依頼、断ったと思います?
実は…引き受けたんです。

いい事を思いついたので。

結果、出版して良かったです。
7000部のヒットになり、その効果で1千万円の売り上げが上がったんですから。

勢いがついて・・・2冊目も・・・
なんと!インフォトップさんのログイン画面もジャック!

インフォトップ放送局もジャック!?

さて・・・
「7000部のヒットになり、その効果で1千万円の売り上げ」の秘密。

それは、どんなモノだったかと言うと・・・
出版の依頼をもらって、仕組みを思いついたことで、
10日で出版、そして結果をだせました。

依頼をもらった瞬間は困ったが、1つ頭の中で強い思いがあった。
「今、業界初のスマホアフィリ本をだせば、話題性は十分。このチャンスは活かしたい。
とにかく依頼はOKしておいて、間に合う為のアイディアをひねり出せばいいじゃん!」ってね。

こうした時、人間は、普段のプレッシャーのない時では
あまりアイデア、創意工夫のアイデアは閃きにくいもの。
ある制限のある状況、環境において人は無理を言われて、その中で
どうしようか考え抜いた結果、困難を打開するアイデアがひらめくのだと思います。

そして、考えた。
共著で複数人で原稿を担当すれば間に合わせることが可能だ!
しかも、スマホアフィリで権威がある人に原稿をお願いするわけだから・・・
出版後に、アフィリエイトで紹介してもらえるようにすればヒットへの火をつけることもできる!

あとは、読者さんが欲しがる有料サービスさえ用意すれば、
本では利益が出なくても、売り上げを作ることはできそうだ。

こういった仕組みでド短期での出版を実現し、計画通り売り上げも作ることができました。

エグゼクティブ ビジネスパートナーの育成システムでは
任意選択のユニット活動に関係のある要素を含みます。

また、ビジネスパートナー全体の構成として、ブランディングをWin-WINの形で手伝う時に、
出版も含めたプロデュースも行う予定です。

本の著者になることが可能です。無料レポートとは一味ちがうブランド力は、やはり魅力です。
いつか、出版することが夢という人も、商業出版の前に腕慣らしでチャレンジするのもいいですね。

exeBPカリキュラムの収入事例は豊富です。
『成果が出ている【実証済み】ノウハウ』としての
マニュアルや教材類は、BMTSの受講特典として限定プレゼント中です。

この教材は、本当に価値があるもの。
短期間で考え抜かれた発想に加えて、体系化されたプログラム。
秀逸です。

実証された結果をご確認ください。

こちらをクリックすると成果者の生声(成果報告・感想・喜びの声)をご覧いただけます。

2 thoughts on “何事も挑戦。とにかく取り組んでみましょう。

  1. マッキー より:

    元々は書籍出版からはじまってるんですね(笑)
    これはまさに引き寄せです(笑)

  2. 太郎植松 より:

    牧野さん、ご投稿いただいてありがとうございます。
    おっしゃる通りだと思います。
    こうした書籍出版という出発点からでもそこに集まった方々のビジョンが組み合わさり、思いから言葉、そして会話を経た御縁につながる。
    その過程の連続した結果、今のグループ活動に行きついている。
    本当に興味深いとともに、一人のアイデアに様々な人の思いが重ね合わってできている本当に大切な、感謝すべき場所だと思いました。
    是非、ありがたく活動をさせていただいて、様々な方との御縁を大切にしながら目の前に与えられた出来事には何でも取り組もうと気持ちを
    常に持って、日々の活動を進めていこうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です