好感度を高めて、交渉を成功させよう

こんにちは 心理学を使い成功を目指すスマイリーです。

ビジネスでの交渉において、

人間関係を良好なものとするためには、相手とのラポールが重要になります。

ラポールとは、簡単には信頼関係が築けた状態の事です。

相手に自分の事を気に入ってもらわないと、先に進めませんからね。

その為にまず始めること。

それは相手の成功を心から願う事です。

成功を願い、WIN-WINの提案をすることで、交渉は上手く進みやすくなります。

本題に入る前に行う例

ビジネスでもいきなり、交渉に入ってはいけません。

本題に入る前に次の事を行ってみましょう。

・共通点を見つける

人は共通点があると、親近感を感じること多いです。

同じ出身、誕生月、血液型、趣味など、自分と相手の共通点を見つけます。

因みに僕の上司だった方も、こういった会話で相手の心を掴み、ビジネスの話に入っていました。

・Yesセット

これは会話の冒頭で、相手が「はい(Yes)」と答えられる質問を複数することです。

相手が「はい」と答えるのを繰り返すうちに、「はい」と答えやすくするのが狙いです。

これによって会話がスムーズに進みやすくなります。

この方法はタモリさんが良くとってます。

相手に一体感を感じさせるテクニック

相手に一体感を感じてもらうには、以下のテクニックを使います

ペーシング

相手のペースに合わせることで、ラポールを築き維持することを狙うものです。

基本的には呼吸のスピードや深さを合わせたり、声の大きさや話すスピードを合わせることです。

広くは、相手の信念や価値観、そこから出る言葉の使い方・トーンなどのペーシングにあわせる場合があります。

ミラーリング

これは鏡に映るように相手の動作を真似ることです。

相手と同じような姿勢・しぐさ・言葉使いなどを合わせます。

バックトラッキング

ラポールを形成したい時に使う「会話している時の聴き手がする」反応で、

基本的には相手の話をそのまま返し(オウム返しのように)ます。

返し方として、

相手の言葉をそのまま返す、要約して返す、相手の感情を汲み取って返す(嬉しかったのですね・悲しかったのですねのように)があります。

バックトラックの効果として、相手は「自分の話をよく聞いてくれ、理解し、受け入れてくれている」という感覚を持ちます。

こちらで心理学が学べます。


ニュープロバナー

僕のNLPへのきっかけはこちらでした

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事