感情

マッキー塾
ハッピーライフスタイルコーチたかあきです。

 

成功の秘訣!成功者と失敗者の差を埋めれば成功する!

 

今回は成功の秘訣!成功者と失敗者の差を埋めれば成功する

なんとなく当然だなと思うようなことを
今日はこれについて書きたいと思います

 

まず、成功を思い描けるのであれば、
必ず誰でも成功できる可能性を持っている。

成功の秘訣、コツを学べば、
成功する確率はグングン上がります。

成功する人と、成功しない人の結果の差はなに?

その違いを発見して、差を埋めること。
それが成功する方法という事になると思います。

多くの成功者を見ると、共通点あります。
その人たちは、『夢や目標を達成する理由がある』ということです。

 

成功しない人達

 

× 目標を設定しない、設定しても、
どうしても叶えたいという強い願望になっていない。

×成長・変化することを渇望レベルで望んでいない。
なかなか変わることはないと思います。

成功する人と、成功しない人の差の1つは、
成功しないといけないと言う理由があること。

その成功を手にすることに理由がある人は、成功しやすい。

しかし、成功することに理由がたいしてない人は、
ただただ夢を見ているだけで、成功する確率は低いです。

 

成功とは、目標達成とは

 

○ 「どのようにすれば」成功(目標達成)するか?が、わかるまで行動する

○ やり方(戦略)がわかれば、達成するまで行動するだけ。

夢や目標、計画など、紙に書く。そして、毎日見る。

書くことで、
情報が不足して書けない事柄もわかる。

夢や目標を達成するのに、
現時点で自分に足りていない情報や知識、リソースが何かがわかってきます。

その情報を調べるということにつながり、必要だった情報が揃ってきます。

 

● 夢や目標、計画など、紙に書く。

┌→● 紙を毎日見る。
↑ ↓
↑ ● 毎日見ながら、実行する
↑ ↓
└←● 夢や目標、計画など、紙に書き直す。

 

PDCA サイクル、成功の為の行動サイクルを回しましょう。

※PDCA サイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)
これは、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の
4 段階を繰り返すことによって、業務 を継続的に改善する。
ウィキペディアより

 

・あなたが設定した目標を達成する理由をたくさん持ちましょう。

・成功しないといけない理由をたくさん持ちましょう。

・成功しないといけない理由に焦点を当てて、強く意識しましょう。

・いろいろな意識レベルで成功について考えてみましょう。

 

何度も何度も考える、考えて焦点を当てる、
これを習慣化すれば、自己暗示効果も生まれます。

そして、あなたに成功する理由が増えます。
理由の一つ一つが強化されます。

成功のリソースとしての【成功する理由】の強度も、増します。

 

ニューロロジカルレベル

 

次は、あなたが成功する確率を上げる為に、
ニューロロジカルレベルと言う考え方を利用する方法をお話します。

ニューロロジカルレベル?

ニューロロジカルレベルは、NLPの考え方のひとつで、
意識レベルが5つの階層構造になっていることを表します。

●アイデンティティーレベル(自分はΟΟな人間だという概念)
●信念・価値観レベル
●能力レベル
●行動レベル
●環境レベル

意識が5段階の階層になっているという考え方です。

 

例えば、成功者の意識で当てはめてみましょう。

「私は、成功する人間だ」というアイデンティティーがあり

「目標設定して焦点化すれば成功する」という信念や価値観を持ち

成功する戦略を実行する能力を持ち

目標達成するまでの行動を行います。

成功に向かって進むことができる環境に身を置いています。

このような意識階層のフレームを活用して、
自分が成功する為に役立つ理由を探してみましょう。

こんな質問を日々、自分に投げかけてみてはいかがでしょうか。

●環境レベル

●あなたが成功したら、どんな環境が手に入りますか?
どんな環境を手にしたいから、あなたにとって成功は必須なのでしょうか?

それは、成功者同士の気持ちがいい人間関係がある場所に身を置きたいから。

快適で、住んでいて、気分が上がるデザイン性が高い住宅に住みたいから。

自分が成功して、手にしたい環境は何でしょうか?

手にしたい環境は、手にすることは当然である、
手にするということを実現する為に、成功することは当然である、
人生に必須であると思えるようになるまでイメージを膨らませてみましょう。

自分が成功して、手にしたい環境は何でしょうか?

書いてみましょう。書き続けてみましょう。

自分の本当にやりたいことが、
やらなければいけないことに変わり、やるのが当然。

そうなるまで、イメージをV(視覚)A(聴覚)K(体感覚)を意識して擬似体験しましょう。

●行動レベル

●あなたが成功したら、どんな行動が取れるようになるでしょうか?
どんな行動をできるようになりたいから、あなたにとって成功は必須なのでしょうか?

仕事から解放され、もっと家族と一緒にいる生活がしたい。

好きな時に、好きな期間だけ、海外旅行ができるようになりたい。

自分が成功して、とりたい行動は何でしょうか?

とりたい行動は、行動できることが当然、
行動を実現する為に、成功することは当然、
人生に必須であると思えるようになるまでイメージを膨らませてみましょう。

書いてみましょう。書き続けてみましょう。

そのイメージをV(視覚)A(聴覚)K(体感覚)を意識して擬似体験しましょう。

このようにして、【環境レベル】【行動レベル】で、
成功する理由をいっぱい発見しましょう。
または、探して、見つけましょう。

発見したり、見つけたら、
どうしても手に入れたいという願望になるまで強化しましょう。

成功しなければならない理由が多いほど、
あなたの成功を後押ししてくれるリソースとなるでしょう。

手に入れることが当然だと脳が感じれば、
成功することが当然という認識になるかもしれません。

そうなれば、あなたが成功するのは自動化されることでしょう。

では、ニューロロジカルレベルの残り3つのフレームも成功に役立てましょう。

【能力レベル】【信念・価値観レベル】【アイデンティティーレベル】で、
あなたが成功するのに必要になるもの、新しく身につけるもの、学ぶことなどを探してみましょう。

 

●能力レベル

●あなたは目標を達成する過程で、どんな能力を身につけているでしょうか?
あなたが成功する為に必要な能力にどんなものがあるでしょうか?

思いつくまま書いて検討しましょう。

本当に必要なものだと思ったものに関して、今はまだ能力として持っていない場合は、
その能力を身につけるのに必要な【行動】と【環境】を探してみましょう。

 

●信念・価値観レベル

●もし、あなたがすでに成功者であったと仮定した場合、
どんな信念や価値観を持っていると思いますか?

思いつくまま書いてみましょう。
書けない場合は、成功者の情報を調べましょう。

成功者の本や、成功哲学・自己啓発の本などで調べてもいいでしょう。

そして、その信念や価値観を持つ人をモデリングしてみましょう。

 

●アイデンティティーレベル

●もし、あなたがすでに成功者であったと過程した場合、
どんなアイデンティティーなのか想像してみてくださ い?

思いつくまま書いてみましょう。
書けない場合は、成功者の情報を調べましょう。

成功者の本や、成功哲学・自己啓発の本などで調べてもいいでしょう。

このようなニューロロジカルレベルという考え方のフレームを利用して、
成功に役立つ質問を自分にすると成功の 確率が上がります。

まとめ

成功者と失敗者の差を埋めれば成功する

違いは1つ、『夢や目標を達成する理由がある』

自分の本当にやりたいことが、
やらなければいけないことに変わり、やるのが当然。

この思いがあるか、ないか、この違いだけ

あなたが成功しないといけない理由は、
あなたを成功に導く応援団となります。

理由は成功のリソースです。

理由は、あなたが成功する戦いの強力な武器。

自分の本当にやりたいことが、
やらなければいけないことに変わり、やるのが当然。

こうなるまで何度も何度もPDCA サイクルやニューロロジカルレベル
を使って自分を成功者にしましょう。

私がNLPを学ぶきっかけになったのがこちらです
⇓  ⇓  ⇓

今回無最後までお読みいただきありがとうございます。

ハッピーライフスタイルコーチたかあきでした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事